the Caduceus of Hermes

<< 紅茶の時間 | main | 拝啓 >>
un


「肩周りなど、気になるところはございますか?」

いや、大丈夫だよ、リリィ。

「それは良かったです…、では私はシャルロッテ様のところに行って参ります。」




…婚約披露パーティーか…。

あの日、エグレッタ・サクラで求婚をし、
シャルロッテ殿を連れ出してから、
まるで用意されていたかのように事が進む。

優秀な使用人を抱えているとはいえ、
ここまで物事の進みが早いと少し気味が悪い。



『素敵…とてもよく似合っているわ。
なんだか幼かった貴方が、
急に大人になって遠くへ行ってしまったみたい…』


…過去の記憶、か。
ウォーレン 18:30 comments(0)
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
  • un (12/04)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS