the Caduceus of Hermes

<< Gungnirは放たれた | main |
鎮魂歌


暗く、静かな廊下に控えめなノックの音が響く。

「…失礼してもよろしいですかな?パトリック様。」



…その呼び方はするなと言ったのは二年も前か。

またこうして呼ばれるのも妙な気持ちだ。

読んでいた本をそっと閉じ、声の主を招き入れる。




「シャルロッテ様がお目覚めになったようです」

そう。

「…行かれないのですか?」

私にも複雑な心境というものが存在するものでね。



そうですか、と言いつつ彼ーオスヴァルトは一本のワインボトルに手を伸ばす。

こんな時に酒を勧めるとは…相変わらず食えない。


「私にも複雑な心境というものが存在するものですから…。さぁ。」

二度目の誕生祝ですよ…いえ、復活祝と言った方がよろしいですかな?


と、冗談交じりにグラスを鳴らす。


フ…私は神など信じていないよ、オスヴァルト。






「予想外の事態が起こりましたね。」


予想外?それは違うよ、オスヴァルト。

だって、この出来事で私には何の不利益も生じていない。


左様ですか…と笑う男は、

月が雲に隠れた瞬間、ちらりと時計に目をやった。


彼が口を開くより少しだけ早く、話を切り出した。


…久しぶりに会うんだ、オスヴァルト。聞かせてもらうよ…君の話を。




「では…」

そう言いかけた途端、またしても控えめで、少し慌てた様子のノックが響く。


「失礼します、ノア…パトリック様。シャルロッテ様が貴方をお呼びで…!」


ああ、分かったよ、ブノワ。すぐに行く。


目が合ったオスヴァルトと、先に肩をすくめたのはどちらだったかな。


「私はここに居りますので、どうぞ…パトリック様。…で、よろしいのですよね?」




−ああ。



外套を羽織って廊下へと歩き出す。

私は

パトリック・ジェレマイア・ロンズデール。





…君にお別れを言うのはこれが二度目だね。


さようなら

ノア・ハイラム・トンプソン


 
ノア(パトリック) 20:30 comments(0)
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS