the Caduceus of Hermes

<< long | main | 純白の黒 >>
Unlucky


今日はとことん運のない日なのね。








体調が優れない、というシャルロッテ様に
寝室の準備を、と慌てて寝室へ飛び込んだ。

丁寧に、けれど素早く済ませ
シャルロッテ様がいらっしゃる隣室へ。


「失礼致します。シャルロッテ様、寝室の準備が整いました…」


寝室へご案内を、と顔を上げた視界に入ったのはシャルロッテ様

…ではなく


”パトリック様”


何故、彼がここに?
どうして、あの方ではなく彼がここにいるのか…?

混乱する思考に思わず顔を逸らすが、
聴こえた苦しげな声に振り向くと
ソファにいる彼の下、押し倒され首を絞められているシャルロッテ様。

あぁ、何故すぐ気がつくことができなかったのだろう。

糸の切れた人形のように、ぐったりとしたシャルロッテ様に
慌てて駆け寄ったものの、ギフトシュランゲのように戦えるわけでもなく…。


部屋の出入り口へは、彼の前を通らなければならない。

後退しつつ、とにかく誰か呼ばなくてはと声を上げ隣室へ

…なんとか逃げ込むことができたものの、
隣室へ飛び込んだ瞬間、首への衝撃に視界がぶれた。
飛び込んだ勢いで床へと倒れるが、遠のく意識に起き上がることが出来ない。



あぁ、どうか、声に気づいて早く誰か駆け付けて…
シャルロッテ様がご無事でありますように。



パトリック様、貴方に害が及ばない事を、お祈りいたします…。

 
メイド シーナ 20:30 comments(0)
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS