the Caduceus of Hermes

<< verlorenen | main | 侵入者 >>
−1℃の雨


掌に舞い落ちた雪は 私の温度ですぐ溶けてしまう
 
庭園に降り積もる雪は 変化せず膨れ上がってしまう
 
 
 
私だけに降る雪
溶けることなく
 
 
ハリーもできなかった
お兄様でもできなかった
 

エグレッタ・サクラでは
わたくしの雪は 溶けない
 
 
 
 
お父様を殺したのは 私
 
 
 
私が殺してしまったの
 
 

そうしたかったわけじゃない

殺してしまいたかったわけじゃないのに…!

なのに…




人が死ぬというのは 案外 呆気ないと



そう思ってしまったの



私の所為で お兄様とスヴェンは

二人は、犯してもいない罪で拘束されている


二人とも知っていたはずなのに…
 
殺したのは 本当はわたくしだと
そう一言 言えばいいだけなのに 
 


なぜそうしないの
 
 

お兄様のことがわからない


愛してると
私を守ってくれると


でも
その約束も守ってくれなかった





… ノア




私の雪は ここで溶けるの


あなたの手で溶けるの



ノア …


ずっと私の そばにいて
シャルロッテ 20:30 comments(0)
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS