the Caduceus of Hermes

good bye


この手で殺してやりたかった。

違う。

殺すつもりだった。


迷いは無かった。

振り下ろす瞬間に、銃声が一発。

ケイ、ではなく、その先の…。







暗い。



いや…



紅い



この景色をあの女に


見せる


つもり


だった





人は、死ぬんだ。

こんな簡単に

周りに誰が居ても、居なくても




何故

私が逝く時はこんなに沢山の人がいて

リーネ様…

貴女はたった独りで

逝ってしまったのですか

貴女が傷付けられる瞬間も

この世を去ったあの時も

何故

私は貴女の傍に居られなかったのですか

ずっとそばにいたのに

ぼくがきみをまもるってきめたのに

どうして?




二年

遅くなりましたが

再び貴女をお守り…できますように



クラウス様…

どうか、見失わないでください

貴方の進む道を

そして

今は退いてください

貴方も守ることができず

すみませんでした





さようなら。
 
ウォーレン 20:30 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS